So-net無料ブログ作成

エリック・クラプトン 武道館23日 [Eric Clapton]


実は、クラプトンに関しては、先日リリースされた「The road to escondido」が、ヘビー・ローテーション中で、最近のお気に入りアルバムなんだけど、「Pilgrim」あたりからは、熱心には聴いていません。昨年の「Back home」もあまり聴いていないし・・・

しか~し!この日をずっと待っておりました!九段下駅で、友人と待ち合わせて武道館へ!
最近は、東京ドームばかりなので、久しぶりの武道館は、やたら小さく感じる。アリーナのCブロックで、ステージのほぼ正面!ロック・コンサートにあるまじき、定刻を少し過ぎたくらいでスタート(ところで、4時開場・5時開演には驚きませんでしたか?)

オープニング曲「Tell the truth」のデレク・トラックスのスライドで、いきなりヤラれちゃいましたね。今回、仮想ドミノス体験で臨んだ私としては、イントロとともに腰浮き上がったのですが、あれっ、座ったままなのね。
「Motherless children」の3スライド・ギターもたまらんかったな~
更に、クラプトン一人が椅子に腰掛けての「Driftin' blues」から、メンバーが合流して、これも聴きたかった「Key to the highway」!特に、デレクのドブロが印象的でした。
そして、「Anyday」が!これを聴きながら決心しましたね、この日のブートは絶対買おうと。
このあとの「Layla」でもデレクのスライド弾き倒しを期待したのですが、さすがに控えめだったのが残念。

さて、デレクのことばかり書いてしまいましたが、御大も好調で、ブルースでのソロは、さすが!でした。
しかし、今回のクラプトン・バンド、やっぱり凄いな。ドミノス・ナンバーはもちろん、ブルースも良かった。それだけに、「Let it rain」や「Have you ever loved a woman」あたりを聴きたかったぞ。

結局、23日のステージを観て、現在、追加公演のチケット入手を画策中である。だって、このメンバーで次回があるかと考えると・・・
強いて言えば、ドミノス~スワンプ・ロックという流れで見ればリズム隊がややタイト過ぎか?(これはこれで、かなり贅沢な悩みだな)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。