So-net無料ブログ作成
検索選択

New York City (You're A Woman) / Al Kooper [Rock]

紐育市(お前は女さ)

紐育市(お前は女さ)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Sony Music Direct
  • 発売日: 2005/09/21
  • メディア: CD



①"New York City (You're A Woman)"
②John The Baptist (Holy John)
③Can You Hear It Now (500 Miles)
④The Ballad Of The Hard Rock Kid
⑤Going Quietly Mad
⑥Medley : Oo Wee Baby,I Love You~Love Is A Man's Best Friend
⑦Back On My Feet
⑧Come Down In Time
⑨Dearest Darling
⑩Nightmare #5
⑪The Warning (Someone's On The Cross Again)

才人Al Kooperと来れば、「Blonde On Blonde」を始めとしたDylanとの活動、アメリカブルースロックの代表作「フィルモアの奇跡」やBS&T等々のプロデュースと際限が無い。

もちろん、彼のColumbia時代のソロ・アルバムも忘れられないだろう。
69年の「I Stand Alone」から72年「Naked Songs」までの6作品は何れも甲乙付けがたい。

僕が最も愛聴するのが、「New York City(You're A Woman)」である。
特にタイトル曲は30年以上も前!にFMで聴いて以来お気に入りなのだ。
②は曲名から歌詞、サウンドに至るまでが、ほとんどThe Bandだし、⑩が、Dylanサウンドなのも興味深い。

さて、この頃のAlが旬の人物だった事実は、Stonesの「Let It Bleed」セッション参加が証明している。
天下のTheGlimmerTwinsが声を掛けるのだから、そういう事なのだ。

そんなYou Can't Always Get What You Wantは、いつの時代のツアーでもリストから外れることの少ない常連曲である。

ところが、神をも恐れずに告白すると僕にとっては上位30曲には入らなかったりするのだ。
社長、スミマセン!

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

リュウ

アルさんは、Blues Projectから、聴いてます!
ボブさんやら、色んな人のBackでも恰好よいのですが、
ソロ作の哀愁味が好きです!
by リュウ (2009-07-05 00:29) 

starfish

リュウさん

ソロ作の哀愁味に惹かれますよね。
非常に才能豊かな一人ですが、器用貧乏なのか印象がやや薄いですが、密かなファンは多いかな。

ところで、ストーンズのレビュー楽しみしています。読み逃げで申し訳ないです(汗)
by starfish (2009-07-07 15:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。