So-net無料ブログ作成
検索選択

Sgt Pepper's Lonely Hearts Club Band / The Beatles [Beatles]





サマー・オブ・ラブである。
と来たら、ロック史上初のトータル・コンセプト作品にして、Beatlesの最高傑作と呼ばれた8枚目「Sgt Pepper's Lonely Hearts Club Band」だ。

ぼくは、中学生のときにBeatlesを聴き、多いなる衝撃を受け今日に至っている。

革新的ながら完璧さを持つこのアルバムが持つ影響力は凄まじかっようだ。二番煎じの代表作は、やっぱりRolling Stonesのあれだろう。

ところで、当時も現在に至っても個人的には、それほど重要なアルバムではなかったりもする。

もちろん、高揚感を煽るタイトル曲、With A Little Help From My Friendsそして、Lucy In The Sky With Diamondsと畳み掛けてくる冒頭3曲は、いつ聴いてもぶっ飛んでしまうし、A Day In The Lifeも未だ色褪せない衝撃があると思う。

そして、趣向を凝らしまくりのジャケットも印象的だ。

しかし、デビュー・アルバム「Please Please Me」から僅か4年後(!)にこんなアルバムを発表した事実が、このバンドがいかに怪物くんだったかを物語る。

nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 4

substitute

こんばんは。ご無沙汰しております。

> 当時も現在に至っても個人的には、それほど重要なアルバムではなかったりもする。

何故か、ボクもそうだったりします。
これがThe BeatlesのFavoriteになった事は無いのです。

> デビュー・アルバム「Please Please Me」から僅か4年後(!)にこんなアルバムを発表した事実が、このバンドがいかに怪物くんだったかを物語る。

正に! 怪物くんですな。
by substitute (2009-07-31 21:45) 

ryo

確かに怪物ですな。
現在の日本人アーティストが3年、4年に一枚しかアルバムを出していない事を考えると、改めてビートルズは偉大です。
サタニックはサタニックで大好きですけどね。
by ryo (2009-08-01 00:28) 

starfish

substituteさん
ご無沙汰です。コメント遅れてすみません!

やはり、これはBeatlesのアルバム上位には入ってきませんか。トータルアルバムというだけあって曲単位で聴くと何だか面白くないせいなんでしょうか。

リマスターで改めて向き合いたいと思います。
by starfish (2009-08-04 15:26) 

starfish

ryoさん
コメント遅くなりました。すみません。

僕がリアルタイムで聴いていた70年代中盤は、どのミュージシャンも毎年新譜が発表されていたんですよ!
2年空いたりすると、「長い沈黙を破って・・・」などというコピーとともに発売されてました。
古い話ですけど(汗!)
by starfish (2009-08-04 15:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。