So-net無料ブログ作成
検索選択

Living in the Material World / George Harrison [Beatles]





ぼくのBeatles体験は71‐72年頃。もちろん、既にバンドは解散し、個々の活動に入っていた。

当然ながら、Beatlesと並行して、彼らのソロ・アルバムも耳にするようになるのだが、この時に、ソロ活動で最も注目を集めていたのが第3のビートル、George Harrisonその人だった。

そう、とにかくGeorgeの時代だったのである。
3枚組「All Things Must Pass」をリリース、豪華メンバーによるバングラデシュ救援コンサートとPaulとjohnも差し置いていた。

そんな時分にクラスの友人が貸してくれたのが「Living in the Material World」で、とても気に入り、直ぐ買ったものだ。

シングルヒットしたGive Me Loveを除けば、やや地味な楽曲が続く。しかし、そこが何とも言えずこの作品の魅力だったりもする。

ところで、このアルバムを聴くと続けてセットしたくなる1枚がある。
ぼくのブログを覗いてくれるような方々には、「ああ、あれね」と直ぐ見当が付くようなベタなやつだ(笑)
次に紹介したいと思う。
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 4

ryo

Don't Let Me Wait Too Longにやられてから5年経ちます。
何も知らない中坊には衝撃的な爽やか加減でした。
タイトル曲に出てくるジョン&ポール&リッチー(リンゴ)。
ジョージもビートルズが好きだったんだなぁ。
音質だとリマスター前のモコモコサウンドが好きでした。
by ryo (2009-10-12 23:42) 

starfish

ryoさん
GeorgeもBeatlesは好きでしょ。
When We Was FabやAll Those Years Agoといったヒット曲が思い浮かびます。
ぼくも旧盤のモコモコ仕様は好きだったりしますよ。
by starfish (2009-10-14 14:30) 

リュウ

このアルバムは、今でも、聴いてます!
地味目ながら、ついつい聴きこんでしまう、
そんな魅力がジョージにはあるかと思います♪

もちろん・・・アナログです・・。
by リュウ (2009-10-16 22:34) 

starfish

リュウさん
地味ですが、捨て曲ないのですね!
ぼくはジョージ作品はどれも愛好しています。
アナログでお持ちでしたか、さすが!
by starfish (2009-10-17 17:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。