So-net無料ブログ作成
Jimi Hendrix ブログトップ

Are You Experienced / Jimi Hendrix Experience [Jimi Hendrix]


Are You Experienced?

Are You Experienced?

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Mca
  • 発売日: 1997/04/28
  • メディア: CD



BeatlesやCream、Zeppelinとは全く異質な衝撃受けたのがJimi Hendrixだった。

高校生の時、「ウッドストック」を何の予備知識も持たずに観た。
Santana、The Who、Slyなどの熱狂的なステージを経て朝を迎え、このフェスティバルもお開きという雰囲気の中、突如鳴り響くフリーキーなギター。
何じゃあ!こりゃあ?そう、Star Spangled Bannerである。
そして、Purple Hazeと続く怒涛の演奏に唖然だった。

この当時、Jimiのディスコグラフィなど全く分からないような時代だったし、何か凄すぎた印象に手を出し兼ねたりもした。
そんな理由でオリジナル・アルバムで聴いたのは、随分と後の事である。

まずは、67年のデビュー・アルバムから聴くのが王道だろうか。
現在では、ボーナストラックとしてシングル曲Hey Joe、Purple Haze等も収録された名曲揃いの基本アイテム。
あのJaco Pastoriusもお気に入りだった隠れ名曲Third Stone from The Sunも必聴である。

と、ここまで書いておきながら、個人的には、ロックの流れから聴いたときにJimiは良さが今一つ分からなかった過去を持つ。
後に、ブラック・ミュージックの流れ(MilesDavisとPrince)から聴き直してみたら一発で気に入り、自分にとっての最重要ミュージシャンの一人となっているのである。

nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「Burning Desire」を聴け! [Jimi Hendrix]


最近のヘビー・ローテーションは、「Burning Desire」
ここまで聴けるものが未だ出てくるとは、さすが、Jimi、さすが、Dagger Recordsとしか言えません!参りましたぁ!
もちろん、楽しみにはしていましたが、正直なところ、大きな期待もしていませんでした。だって、バンド・オブ・ジプシーズ関連では、既に「The Baggy's Rehersal Sessions」が出ていたし・・・すみません!失礼しました!

オール・インストでジミが弾きまくりです。たまりませんよ~!
特に、2曲目「Ezy Rider/MLK」はマイルスもんの私としては、「A Tribute To Jack Johnson」を想起せずには聴けません。約20分のジャム・セッションですが、何度でも聴けますよ!

A Tribute to Jack Johnson

A Tribute to Jack Johnson

  • アーティスト: Miles Davis
  • 出版社/メーカー: Sony Jazz
  • 発売日: 2005/01/11
  • メディア: CD

こっちでは、ジョン・マクラフリンがギターを弾き倒しているのですが、想像の耳で、このパートがジミだったら・・・という聴き方もできますね。

ジミ・ファンで、「Burning Desire」を未入手の人、これは、是非!
しかし、通販専門レーベルのダガーからじゃなく、エクスペリエンス・ヘンドリックスでオフィシャルで登場し、もっと広く行き届いてもよかったのでは?


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ジミ・ヘンドリックス オリジナルじゃないアルバム [Jimi Hendrix]

ダサダサなタイトルで、我ながら少し情けないっす~(泣)
ジミのオリジナル作品以外の整理してみました。

とりあえずは、これを行っておけばO.Kでしょうの未発表曲やヴァージョン違いなどから成るCD4枚組の強力なボックス・セット。

The Jimi Hendrix Experience

The Jimi Hendrix Experience

  • アーティスト: Jimi Hendrix
  • 出版社/メーカー: Universal Island
  • 発売日: 2000/09/12
  • メディア: CD

エクスペリエンス・ヘンドリックスが設立されて、幻の4枚目のスタジオ・アルバムとして登場しました。

First Rays of the New Rising Sun

First Rays of the New Rising Sun

  • アーティスト: Jimi Hendrix
  • 出版社/メーカー: Experience Hendrix
  • 発売日: 1997/04/22
  • メディア: CD

同じくエクスペンス・ヘンドリックスによって整理されたことで、リリースされた未発表スタジオ音源作品が「South saturn delta」

South Saturn Delta

South Saturn Delta

  • アーティスト: Jimi Hendrix
  • 出版社/メーカー: MCA International
  • 発売日: 1997/10/07
  • メディア: CD


ライブ映像やクラプトンやタウンゼントらのインタビューで構成されている映画です。ラストの12弦ギターによる「Here my train comin'」必見!ジャケットもかっこいいし!

ジミ・ヘンドリックス スペシャル・エディション

ジミ・ヘンドリックス スペシャル・エディション

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日: 2005/11/25
  • メディア: DVD


さて、ここからは、堅気のファンには不要な廃盤の紹介です。

上記2作が出たことで役目を終えたのが「The cry of love」、「War heroes」や「Crash landing」などのアルバムだが、特に「Crash landing」は個人的には、リアルタイムで初めて手に入れたジミのLPだけに思い入れもタップリな1枚なのだ。いまでは、CDですけど。

あと、今年に「Nine to Universe」をCD化した「Message From Nine To Universe」も必聴盤です。

ライブ・アルバムも幾つか紹介。
まず、「Jimi Plays Monterey」これって、エクスペリエンス・ヘンドリックスがコントロールできない音源なんでしょうねぇ。
リマスターされた「Like a rolling stone」聴きたいっす!まぁ、モンタレーのDVDボックス買えばいいのでしょうが・・・
「Live at Winterland」 今回の完全版、無事に発売されるのでしょうか?ちょっと心配。
あと、微妙なジャケの「The Jimi Hendrix Concerts」と4枚組ボックス・セット「Stages」も捨てがたい、それぞれのジャケもかっこいいし!67~70年のステージから1枚づつというアイデアもおもしろい。

ちょっと変わったものでは、「Lifelines-The Jimi Hendrix Story」
LAのラジオ局が制作したジミの生涯を音で綴った番組を編集、3枚のCDにしたものと69年LAフォーラムでのライブの計4CDのボックス・セット。ラジオ番組はB.G.Mにいいです。

現在となっては、音質もさえないけど、やっぱり手放せないアルバム達です。マニアの悲しい性ですな(笑)



nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ジミ・ヘンドリックス トリビュート・アルバム [Jimi Hendrix]

ジミ聴こうかな、でも、軽めにいきたいなというときに重宝するのが、トリビュートもんですね。
気楽に聴けて、なお且つ、ジミの楽曲の素の好さが味わえるというべきか。

内ジャケの寝起きみたいな顔してドラム・セットに座っているジミのフォトが笑える。
主なところでは、「Stone free/Eric Clapton」、「 Manic depression/Seal & Jeff Beck 」、「 I don't live today/Slash & Paul Rodgers」といったあたりか。意外なものでは「 Bold as love/Pretenders」
プロデュースはエディ・クレイマー。

Stone Free: A Tribute to Jimi Hendrix

Stone Free: A Tribute to Jimi Hendrix

  • アーティスト: Various Artists
  • 出版社/メーカー: Warner Bros.
  • 発売日: 1993/11/09
  • メディア: CD

これも、エディ・クレイマーによる1枚、私は好きな1枚です。参加メンバーも豪華!ざっと挙げるだけでも、
Tony Williams( per,ds ) Dennis Chambers( ds ) Cozy Powell( ds )
Stanley Clarke( b ) Billy Cox( b )  Bootsy Collins( b )
Bernie Worrell( key )
Robben Ford( g )  Carlos Santana( g )  John McLaughlin( g )  Steve Vai( g )  Brian May( g )
Buddy miles( vo )  Paul Rodgers( vo )  Sting( vo )  Taj Mahal( vo )

このアルバムで光るのは、先日のクラプトンの公演でも話題だった「Little wing」です。オーケストラをバックにつけたToots Thielemansのハーモニカが、たまりません!

In from the Storm

In from the Storm

  • アーティスト: Various Artists
  • 出版社/メーカー: RCA Victor
  • 発売日: 1995/10/24
  • メディア: CD


実は、持っていません。て、ことで今日、予約しました!

Voodoo Crossing: A Tribute to Jimi Hendrix

Voodoo Crossing: A Tribute to Jimi Hendrix

  • アーティスト: Various Artists
  • 出版社/メーカー: Horizons
  • 発売日: 2004/01/05
  • メディア: CD


そして、エクスペリエンス・ヘンドリックスからも。
ジミ・パパであるJames AL Hendixの感謝の言葉からスタートするところが本家本元の証か。

ここでは、Princeの参加が話題のひとつでしたね。Larry Grahamを迎えて「Red house」の改作「Purple house」とは。ただ、ストレートにカバーしたものも聴いてみたいけどね。
意外なところでは、Earth,Wind & Fireと大コーラス・グループのSound Of Blacknessの参加。どっちも好演です。
極めつけは、タイトル・ナンバーとなる「Power of soul」のBootsy Collins feauring George Clinton。音楽の流れとしては当然なことでしょうが、ここにジミがいても完璧にフィトしますね。Princeも!ここで共演してほしかったな~
トリを飾るのは、故Stevie Ray Vaughanの「Little wing/3rd stone from the sun」なんだけど、これもまた、たまらんの1曲ですよ!

Power of Soul: A Tribute to Jimi Hendrix

Power of Soul: A Tribute to Jimi Hendrix

  • アーティスト: Various Artists
  • 出版社/メーカー: Image
  • 発売日: 2004/05/04
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ウッドストックのジミ・ヘンドリックス [Jimi Hendrix]

ジミ・モード全開であります。

映画「ウッドストック」を初めて観たのが高校生のときだった。
フーのパフォーマンスに痺れて、すぐに「Live at the leeds」を買ったもんである。

朝が来て、楽しかった宴会もお開きといった感じのなかで始まるジミの「Star spangled banner~Purple haze」の演奏は、なにか全く異質で、その圧倒的な存在感に口あんぐりだった。

ディレクターズ・カット ウッドストック 愛と平和と音楽の3日間

ディレクターズ・カット ウッドストック 愛と平和と音楽の3日間

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日: 2006/06/02
  • メディア: DVD

980円!損はしない!(と思う)

エクスペリエンス解散後の6人編成のジプシー・サン&レインボウズでのライブである。CDでの決定盤が、この2枚組「Live at woodstock」

Live At Woodstock

Live At Woodstock

  • アーティスト: Jimi Hendrix
  • 出版社/メーカー: MCA
  • 発売日: 1999/07/06
  • メディア: CD

そしてDVDでは、昨年、ようやく待ってました!の、ほぼ完全盤が登場。オリジナルの映画と比べると印象がずいぶんと違うのだけど(個人的には「Woodstock」での印象が刷りこまれているもんで)

Live at Woodstock (2pc) (Spec Ac3 Dol Dts)

Live at Woodstock (2pc) (Spec Ac3 Dol Dts)

  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2005/09/13
  • メディア: DVD

先に紹介した2枚組のアップグレードされたものが出たとはいえ、ジャケのよさで旧盤も手放せない私であります!ピクチャー・ディスク仕様だしね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:音楽

バンド・オブ・ジプシーズ [Jimi Hendrix]

ダガーレコード新作の報を受け、ジミ・モードにシフトしてきました。
私が一番好きなのは、何故か、バンド・オブ・ジプシーズなんです。
あのウネウネと続く、ぶっといグルーブに身をまかす快感は、どうにもクセになって止められません!
マイルスと交流があり、お互いに影響を与え合ったわけだが、この二人のつきあいがもう少し続いていたならば、どうなっていたことだろうか・・・

バンド・オブ・ジプシーズ

バンド・オブ・ジプシーズ

  • アーティスト: ジミ・ヘンドリックス
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルインターナショナル
  • 発売日: 2006/06/21
  • メディア: CD

「バンド・オブ・ジプシーズ」の拡大版がこれ!

Live at the Fillmore East

Live at the Fillmore East

  • アーティスト: Jimi Hendrix
  • 出版社/メーカー: Experience Hendrix
  • 発売日: 1999/02/23
  • メディア: CD


69年の年越しライブなんですが、この2枚組でステージの流れが分かります。しかし、2セット×2日の計4セットのステージ全てが聴けるコンプリート・フィルモアはいつの日か登場するのか?

これは、ダガー・レコードからリリースされたリハーサル・セッション。

映像もあります。ライブ映像というよりは、ドキュメンタリーという趣のDVDですが、やっぱり貴重だし、結構好きですよ。

ライヴ・アット・ザ・フィルモア・イースト

ライヴ・アット・ザ・フィルモア・イースト

  • 出版社/メーカー: ユニバーサルインターナショナル
  • 発売日: 2001/08/22
  • メディア: DVD

ニューイヤーのカウントダウンのあと、ジミのギターで新年のお祝い定番曲「Auld lang syne」を演奏するのだが、後に、プリンスもペイズリー・パークでの年越しライブで演っていますね。なんと「Purple rain」のギター・ソロから、そのまま「Auld lang syne」へ!これが、ジミに負けないくらいかっこいい!そして「It's gonna a beautyful night」でマイルスが出てくる、あのときのステージです!プリンス以下バンドのメンバーも、なんか緊張しまくりな様子が必見ですよ。
しかし、ジミ、マイルス、プリンスの3人の音楽は、ひとつのジャンルでは括れない音楽ですね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ウインター・ランド&ダガー・レコード [Jimi Hendrix]


今年は昨年のような欲しいCDやDVD続出!という恐ろしい展開にはならず、ホッとするやら、淋しいようななどと思っていたら・・・

出ました~!「3Nights at winterland」なる6枚組でウインター・ランドの完全版が(泣)
ウインター・ランドじゃ無視できないし。参ったなぁ。でも、限定版なんです、この商売上手!

本家は何しとるんじゃ~と思っていたら、オフィシャル・ブートであるダガー・レコードから1年ぶりの新作「Burning desire」が登場だ。
タイトルかっこいいなぁ、これだけで購入決定だ。そういえば、前回は初回プレスにトラブルあったぞ、なんてことも思い出されたが・・・
げっ!69年から70年初め頃の音源だ。バンド・オブ・ジプシーズじゃありませんか!無視できん!ミッチ・ミッチェルに比べるとイマイチ評価の落ちるバディ・マイルスですが、私は好きなんです。

ということで、条件反射的にクリックしてしまいました。参ったなぁ、ほんとうに便利な時代になっちまって・・・


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
Jimi Hendrix ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。