So-net無料ブログ作成

Good Girl Gone Bad / Rihanna [R & B]


Good Girl Gone Bad

Good Girl Gone Bad

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Def Jam
  • 発売日: 2008/06/17
  • メディア: CD



デビュー当初はジャリタレ?みたいな感も強かったが、もはや現行R&Bシーンにおけるトレンド・セッターと言うべき存在であるRihanna嬢。


このアルバムは、まず、Umbrela 。
かなり中毒性の高い1曲で、メガ・ヒットしたのも頷ける。
映画「マトリックス」みたいなクールなPVも相当なカッコよさだ。


しかし、そんなヒット曲を差し置いて、僕のような世代にインパクトが大きかったのは、Don't Stop the Music だった。
何しろ、後半はMichael Jackson 「 Thriller 」の冒頭を飾るWanna Be Startin' Somethin'をサンプリングしているが、これがど真ん中ストラック!な素晴らしさ。



今後の成長が楽しみな若手である。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Back to Basics: Live & Down Under / Christina Aguilera [R & B]





「Shine A Light 」のLive With Meにもゲスト招聘されたChristina様。
久々に慧眼を発揮した社長もさすがである。

そんな彼女の今年2月に発売されたDVDが素晴らしい。
美貌のみならず、素晴らしい歌唱力を持つ。
あのスレンダーなボディからは想像し難い声量豊かなシャウトは、圧倒的である。

1920~40年代のジャズ、ブルースの世界観を現代に蘇らせるというコンセプトになる2枚組大作「BackToBasic」を再現したステージである。
実際、このアルバムから大部分の曲が演奏されている。
それだけ、彼女にとっての自信作だったのだろう。

オープニングのAin't No Other Manから一気に引き込まれるが、最も見せ場になるEnter The Circus~Welcomeが圧巻であろう。
とにもかくにも、ここ1~2年の現代R&Bシーンの最高のライブかも。

実は、武道館公演。
チケットを確保していながらも行けなかったのだ。嗚呼・・・
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Baduizm / Erykah Badu [R & B]


Baduizm

Baduizm

  • アーティスト: Erykah Badu
  • 出版社/メーカー: Universal Japan
  • 発売日: 1997/02/11
  • メディア: CD



ようやく発売された(アナウンスから半年遅れ)待望の新作「NewAmerykah,Pt.1:4thWorldWar」も好評なErykah様。
しかし、新作のレビューじゃないところが、このブログだ(笑)

D'AngeloとMarvin Gaye & Tammi TerrellのYour Precious Loveをカヴァーで共演、これで注目を集めた。
何しろ、彼女の独特な存在感は、あのD'Angeloを食っていた、といってもオーバーではない。

こうして、鳴り物入りでデビュー。
声質をビリー・ホリデーとの酷似と指摘されたが、Erykah様の才能を測るものにはならない。
彼女の場合、燃え上がっても、あくまでもクール。
この辺りの感触はMilesにも通じるものがあるような。
このアルバムでは、かつてのマイルス・クインテットの一員、Ron Carterが1曲だけ客演しているし。
更に、翌年の初来日のステージのイントロは、Kind Of BlueからSo Whatが使用されていた。

あれから、早10年。
このアルバムの衝撃度が色あせることは無い、と思う。

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

The Miseducation Of Lauryn Hill / Lauryn Hill [R & B]

Alicia Keysがそうであるように、ブラック・ミュージックにおいて優れたアルバムというのは、その長年の系譜をキチンと受け継ぎながら、その時代を捉えているものだ。

Aliciaから想起され、久々に引っ張り出した1枚。全く古びていないのである。
Fugeesというグループでデビューした後、98年のソロ・アルバム「The Miseducation Of Lauryn Hill」だ。
グラミー賞5部門受賞、爆発的な売り上げを記録している。

キュートな容貌とは裏腹なモンスター級の才能を持つローリン様。
当然ながら、レゲエの影響も強い。先のFugeesのアルバム「The Score」では、ボブ・マーリーの「No Woman No Cry」をカバーしているし、ここでは、「Concrete Jungle」のオマージュとなる「Forgive Them Father」という曲がある。そもそも、ジャケットからして「Burnin'」だしね。

90年代のダンスホール・レゲエを代表するバン・バンというリズムを基にした「Lost Ones」もカッコいい!
ブック・オフの250円コーナーに陳列されるような作品ではないのであるが・・・(涙)

売り払った人は反省し、即刻買い直すように!
やはり、名作!

The Miseducation Of Lauryn Hill

The Miseducation Of Lauryn Hill

  • アーティスト: Lauryn Hill
  • 出版社/メーカー: Sony Mid-Price
  • 発売日: 1998/08/25
  • メディア: CD


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

You Don't My Name / Alicia Keys [R & B]

私(アリシア)は、ニューヨーク・マンハッタンのレストランでウエイトレスをしている。
そこに毎週水曜日のランチにやってくる男がいる。
いつも、店の「スペシャル」をオーダーし、そこにホットチョコレートをつける。
ある日、その男は、名刺を店の名刺ボックスの中に入れる。
閉店後、アリシアはそれを抜き出し、彼の名前と電話番号を入手する。
そして、彼女から電話をかけるのだ。

この電話のシーンはセリフだけだが、これが、たまりません。

マイケルと話したいんだけど。
私は39丁目とレノックスの角のコーヒーハウスのウエイトレスです。編みこんでる子っていえば、わかるかしら。
あなたはいつも水曜日にいらっしゃってますよね。ホットチョコレートつきのスペシャルをオーダーして。
女は普通こんなことはしないんだけど、もしよかったらこんどこの店以外のところで、会うことはできないかな、と思って。
普段の私はウエイトレスの姿とはずいぶんと違うのよ。
携帯の調子、悪いわ。聴こえる? 
そう、何曜日? 木曜? 完璧だわ!

PV必見!曲も必聴・・・もしも、アナタがきれいなおねえさん好きならば(笑)

zon -->

The Diary of Alicia Keys

The Diary of Alicia Keys

  • アーティスト: Alicia Keys
  • 出版社/メーカー: J-Records
  • 発売日: 2003/12/02
  • メディア: CD

なお、この曲のプロデュースはカニエ・ウエスト。
蟹江先生は、さすが、分かってらっしゃるのだ。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

As I Am / Alicia Keys [R & B]

As I Am

As I Am

  • アーティスト: Alicia Keys
  • 出版社/メーカー: RCA
  • 発売日: 2007/11/13
  • メディア: CD

これだけの美女ならば、中味外れでも我が選択に悔いナシとばかりにデビュー盤リリース時にジャケ買いの過去を持つぼくです(バカ)
しかし、現代R&Bシーンの女性アーティストには天から二物も三物も授かっている逸材が多いのだ。

昨年11月の最新作が、とてもよい。
プリンスの曲を1枚目でカヴァーしているのだが、今作では、プリンスをオマージュした「Like You'll Never See Me Again 」に、びっくりだ。

アリシアさま、Good Job !、さすがっ!
殿下もさぞかしお喜びのことではないかと。次のグラミーでは共演が見てみたいもんである。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

R&B ディーヴァ (その2) [R & B]

「いつまでも暑くてかないませんなあ」などと挨拶しつつも、本音は、あと1ヶ月くらいは夏でも構わないワタクシです。
しかし、夏の終わりが近づいてきました・・・
最近は、日が落ちるのもずいぶんと早くなってきました。

てなわけで、そんな寂しい気分を吹き飛ばすべく、現代R&Bのきれ~なおねぇちゃん特集です(爆)

では、キャシーから!
かわいいです。大ヒットしたシングル「Me&U」のPVが、これまたたまりません!モデル出なので、スタイルも抜群。
マネージメントがトミー・モトーラで、プロデューサーにライアン・レスリーという強力なバック・アップがついています。そりゃ、売れるわな!という感じですか。

キャシー(初回限定盤)

キャシー(初回限定盤)

  • アーティスト: キャシー
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2006/10/11
  • メディア: CD

パワフルなダンスがめちゃくちゃカッコいいシアラ!
デビュー当初のブロンドのストレートのロングだったシアラですが、「Get Up」のブラックのスパイラルのほうが似合いますね。

Evolution (Bonus Dvd)

Evolution (Bonus Dvd)

  • アーティスト: Ciara
  • 出版社/メーカー: La Face
  • 発売日: 2006/12/05
  • メディア: CD


10月に新作がリリースのジェニファー・ロペス様!
女優業の片手間仕事じゃありませんよ!

On The 6

On The 6

  • アーティスト: ジェニファー・ロペス
  • 出版社/メーカー: ソニーミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 1999/08/21
  • メディア: CD

Rebirth

Rebirth

  • アーティスト: Jennifer Lopez
  • 出版社/メーカー: Epic
  • 発売日: 2005/03/01
  • メディア: CD

Jennife美しすぎ!インナーのフォトにも、いつもヤラレてしまいますね!


nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

R&B のディーヴァたち [R & B]

現代に話を戻しましょう。
綺麗どころ、R&B 女性シンガーを揃えてみましたよ!

アリシヤ・キーズ!お綺麗ですね!
彼女のデビュー・アルバムをタワー・レコードで偶然見かけて、ジャケ買いをした過去を持つ私です。
でも、内容は下に紹介した二作目が好きですね。
アンプラグドは、CDとDVD両方出ていますが、やっぱり、映像のほうをお奨めします。


The Diary of Alicia Keys

The Diary of Alicia Keys

  • アーティスト: Alicia Keys
  • 出版社/メーカー: J-Records
  • 発売日: 2003/12/02
  • メディア: CD


アンプラグド

アンプラグド

  • 出版社/メーカー: BMG JAPAN
  • 発売日: 2005/11/23
  • メディア: DVD


まさしく「美人薄命」だったアリーヤ(涙)

Aaliyah

Aaliyah

  • アーティスト: Aaliyah
  • 出版社/メーカー: Virgin
  • 発売日: 2001/07/17
  • メディア: CD

結局、この映画が遺作となってしまいました。T・クルーズ、B・ピットの「インタビュー・オブ・ヴァンパイア」の続編となる作品ですが、内容は・・・
アリーヤ・ファン以外には、お薦めできない映画です。ほんとうに、惜しまれる人材でした・・・

クイーン・オブ・ザ・ヴァンパイア 特別版

クイーン・オブ・ザ・ヴァンパイア 特別版

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日: 2006/11/03
  • メディア: DVD




そろそろ新作でないのでしょうかの、マイアです。

Moodring

Moodring

  • アーティスト: Mya
  • 出版社/メーカー: Interscope Records
  • 発売日: 2003/07/22
  • メディア: CD

彼女は、本編に出ていませんが、特典映像集のD-2「ミュージック・ビデオ」に収録されている
映画の主題歌となる「レディ・マーマレード」のPVとグラミーでのライヴ映像(マイア、クリスティーナ・アギレラ、ピンク、リル・キムの豪華競演)は、見る価値あり!
つまり、2枚組のアルティメット・エディションじゃないと、これ、見れません。

ムーラン・ルージュ アルティメット・エディション

ムーラン・ルージュ アルティメット・エディション

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日: 2003/12/17
  • メディア: DVD


そのアギレラの昨年のアルバムもなかなかです。

Back to Basics

Back to Basics

  • アーティスト: Christina Aguilera
  • 出版社/メーカー: RCA
  • 発売日: 2006/08/15
  • メディア: CD



トリは、説明不要、やはり、この人でしょう。

デンジャラスリィ・イン・ラヴ

デンジャラスリィ・イン・ラヴ

  • アーティスト: ビヨンセ, Jay-Z, シーン・ポール, ビッグ・ボイ, スリーピー・ブラウン
  • 出版社/メーカー: ソニーミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 2003/06/25
  • メディア: CD


Live in Atlanta

Live in Atlanta

  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2006/03/28
  • メディア: DVD

この辺の音楽、R&BやHIP-HOPには、いまいち疎いのですが、職場のう~んと若い子(20くらい年下!)と話が合い盛り上がったりすることもあったりして楽しいです(笑)

*追加情報・・・

あと、期待しているのが、ただいま公開中「Step Up」早く行かねば(汗)
サントラも気になっていますが、未入手・・・

Step Up

Step Up

  • アーティスト: Original Soundtrack
  • 出版社/メーカー: Jive/Zomba
  • 発売日: 2006/08/08
  • メディア: CD

ところで、今月は忙しくなってしまうので、週1ペースを目標になんとか更新したいと考えています。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Yeyo no.7 [R & B]

yeyo no.7
先日、ディスク・ユニオンで1500円で購入しました。
全27曲入りのPV集です。このジャンルは疎いのですが、どれもダンスが、かっこよくて、BGVとして流してたりして楽しめます。

なかでも、目を引くのは、まずビヨンセ!
Deja vu/Beyonse f Jay-zは、PVとライブの2曲収録されている。
ビヨンセをただ者じゃねぇ~と私が思ったのは、プリンスと共演したやつ(グラミーでしたっけ?)を観たときでしたね。大先輩にあたる、しかも、あの孤高の天才・天上天下唯我独尊であろうプリンスを向こうにまわして、全然マイ・ペースというか、なんか、プリンスのほうが緊張気味みたいな・・・

B'day

B'day

  • アーティスト: Beyoncé
  • 出版社/メーカー: Sony/Columbia
  • 発売日: 2006/09/05
  • メディア: CD


迫力あります!個人的には、ティナ・ターナーあたりを思わせたりします(古いッす!でも、ミックとのパフォーマンスは強烈だった)

そして、ただいま、我家の人気NO.1がEntourage/Omarion
このダンス場面は、たまりません。オマリオンを観ろ!としか言えませんぜ!

そのオマリオンがB2K時代の傑作ダンス・ムービーといえば

ユー・ガット・サーブド コレクターズ・エディション ストリート・ダンス パック (完全限定生産)

ユー・ガット・サーブド コレクターズ・エディション ストリート・ダンス パック (完全限定生産)

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • 発売日: 2004/10/27
  • メディア: DVD


ストーリーは期待しないでね。例えていうと「パープル・レイン」のヒップ・ホップ・ダンス版でしょうか。
しかし、この映画、日本では未公開!う~む、映画会社は、根性ないなぁ・・・DVDも限定で、いまや廃盤。でも、レンタルで観れますので、ダンス好きで未見の方は、是非!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。