So-net無料ブログ作成
検索選択

オーシャンズ13 [Movie]

映画に関しては、封切り後、なるべく早く観に行くというのが見逃さないコツですね。

という訳で、公開2日目に「オーシャンズ13」行って来ました!
結論から言いますと、このオーシャンズ・シリーズは1作目「11」から観ていますが、今回の「13」が一番楽しめました。

ただ単に、豪華キャストが登場するだけの作品ではありません。極上の娯楽映画だと思います。
このシリーズの楽しみのひとつであるダニー・オーシャン(ジョージ・クルーニー)とラスティ・ライアン(ブラッド・ピット)のやり取りは、いつもながらにスタイリッシュ!粋です。
ラスト近くでの空港の二人の会話なんて、絶対アドリブだよな~などと思ってしまいます。
そして、まだ次作もあることを匂わすようなセリフも。
ラストも、これまた粋なエピソードで、観ている我々観客もニッコリです。

味付けは現代的ですが(テンポのよさとか)、古典的な映画の楽しさが楽しめますよ。


追記:記事にすることを忘れていましたがブルースウィリス「ダイ・ハード4.0」もよかったです!


nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

パイレーツ・オブ・カリビアン [Movie]

早速、観てきましたよ~

めでたく3部作、これで完結かぁ~(しみじみ)
しかし、キース、メチャメチャかっこよかった!キースが登場するまでは、ストーリーに完全に没頭していたのですが・・・
やはり、ストーンズ・ファンとしては冷静さを失いますね~

でも、一番喜んだなのは、ジョニー・ディップでしょう?なんせ、元々は、ミュージシャンを目指していたのですから。
そんな、ジョニーの片鱗を垣間見れるのが、これ!
かっこよすぎ!反則だろ!と思いますわ。

ショコラ DTS特別版

ショコラ DTS特別版

今回のキースのカメオ出演は好評だと思いますが、ミックの心中やいかに?!だいたい映画にも色気を見せていたのは・・・ねぇ?「ネッド・ケリー」から始まり、何作かに出演しているのに。

でも、ミックもキースもアク強すぎて二人が演じれるのは、自分の役だけ?今回のキースの役も地でやれば大丈夫みたいなところでしたから。
ところで、私も70年代の花形はギタリストの時代にロックを聴いてきたので、当時はキースこそストーンズ!という思いがありました。

でも、仮に腐ってもグリマー・ツインズ!ミックとキースは、一つの饅頭みたいなもんですから、それを二等分して、どっちが好きだなんて私は言えませ~ん(爆)

とにかく、ストーンズ・ファンには映画自体に興味がなくても一見の価値あり!ですよ~!

補足:主演女優のキーラ・ナイトレイ、とても綺麗なんですが色気不足だったかな~(贅沢か?)
あっ!このときはよかった!

ラブ・アクチュアリー

ラブ・アクチュアリー

  • 出版社/メーカー: ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
  • 発売日: 2006/04/01
  • メディア: DVD


nice!(2)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ハッピー・フィート [Movie]

昨夜は、もう10年近く通いつめているイタリアン料理のお店に食事に行き、その後で、映画を観て行くことにしました。

で「ハッピーフィート」が候補に上がったのですが・・・
私「え~、アニメじゃん!」 (あまり気乗りせず)
すると、敵もさるもの、「でも、これミュージカルだし、テーマ曲は、プリンスの新作だって!」
決定しました(笑)

結論からいうと、とても楽しめる映画です!お子様向きかな~と思っていたのですが、ダンス好きや私のような音楽バカならより楽しめますよ!

劇中には、「ゴールデン・スランバー」ビートルズ、「ブギー・ワンダー・ランド」アース、スティービー・ワンダーなど、ヒット曲満載!
殿下に至っては、「キッス」の使用許可を出した際に、この映画が気に入り新曲をエンディング・テーマとして提供したということです。
エンド・ロールに流れるその新曲に目をウルウルさせて聴き入っていた私は、やっぱりアホ!ですな~
タップ・ダンスの振付も、その筋では「天才」と呼ばれるダンサーが担当しているそうです。

悩ましいのは、このサントラですね・・・プリンスの新曲1曲のために購入か?!

ハッピー・フィート

ハッピー・フィート

  • アーティスト: サントラ, プリンス, ジア・ファレル, P!NK, ブリタニー・マーフィー, パティ・ラベル, ヨランダ・アダムス&ファンタジア・バリーノ, ブラン・ニュー・ヘヴィーズ, ジャマルスキ
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2007/02/07
  • メディア: CD

ちなみに、昨日は先行ロードショーで、封切りは17日からですね。
Enjoy!


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画「ドリーム・ガールズ」 [Movie]


行ってきました「DREAMGIRLS」!

とても楽しめました!特に、ソウルミュージック好きには、かってに深読みできるところ満載で、興味深い作品です。これは、サントラ及び、気が早いですがDVDも購入決定!

ストーリーのモデルは、ダイアナ・ロス&シュープリームスやモータウンであることは間違いありません。

絶賛されているジェニファー・ハドソンは、たしかに強力!後半では、アリサ・フランクリンをイメージしたような衣装も印象的でした。

エディ・マーフィーは、さすが、いい味でてます。しかし、歌のうまさにもびっくり!JBやウィルソン・ピケットみたいなヴォーカル・スタイルでしたが、後半には、マーヴィン・ゲイでした。このシーンには、やたらと感動してしまったなあ~
音楽酒場」のマスター、カナさんが「What's Goin On」を聴きたくなったのも頷けましたよ!あの場面でのエピソードは、まさしく「What's~」で、衣装は「Let's Got It On」ですね。泣けた!

さて、完全にジェ二ファーに食われたなどという声も聞かれていましたが、やはり、これはビヨンセの映画でしょう!この役がぴったりとハマるのは、この人以外に誰かいる?と思うのですが。
役に合わせて、どんどん綺麗になっていくところ、そして、「Listen」の熱唱という具合に、おいしいところは、結局、ビヨンセが持っていったのでは。

あと、笑えたのが、なんちゃって・ジャクソン5でしょうか。しかし、これも芸が細かくて、少年マイケルは、ダイアナ・ロスを大好きだったというエピソードも盛り込まれているんですよ。

ということで、音楽ファンには必見の1本!

Dreamgirls

Dreamgirls

  • アーティスト: Original Soundtrack
  • 出版社/メーカー: Sony Urban Music
  • 発売日: 2006/12/05
  • メディア: CD


Dreamgirls [Music from the Motion Picture]

Dreamgirls [Music from the Motion Picture]

  • アーティスト: Harvey Jr. Mason, James Johnson, Nathan East, Daniel Smith, Jennifer Kuhn, Larry Corbett, Rudolph Stein, Stephen Erdody, Suzie Katayama, Vanessa Freebairn-Smith
  • 出版社/メーカー: Sony
  • 発売日: 2006/12/05
  • メディア: CD

これも聴きたくなる!?劇中には、シュープリームスのアルバム・ジャケットをそのまま置き換えて使っていました。

アルティメイト・コレクション

アルティメイト・コレクション

  • アーティスト: ダイアナ・ロス&シュープリームス
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルインターナショナル
  • 発売日: 2006/01/25
  • メディア: CD


nice!(2)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

06年 映画を振り返る & 007 カジノ・ロワイヤル [Movie]

昨年、 印象に残った映画は、戦争を題材にしたものばかり。

①白バラの祈り ゾフィー・ショル、最後の日々
メジャー配給でななかったものの、前評判が高かったこともあって、私たちが行ったときも満席でした。
ヒトラー政権下時代のドイツの実話。特に法廷での台詞は、そのときの記録のまま。後半は息を呑んで、ただただ見守るのみ。

②戦場のアリア
第1次大戦時のクリスマスでのエピソード。これもベースは同じく実話。


戦場のアリア スペシャル・エディション

戦場のアリア スペシャル・エディション

  • 出版社/メーカー: 角川エンタテインメント
  • 発売日: 2006/11/02
  • メディア: DVD

③父親たちの星条旗
④硫黄島からの手紙
クリント・イーストウッド監督作品。地上戦では唯一、死傷者が日本を上回ったという硫黄島での日米からの視点で撮られた2本。
「父親たちの~」はアメリカの抱える問題も描かれている。
「硫黄島~」はストレートに硫黄島における日本軍を描写したもの。現在も公開中。

このタイプの映画を好むという訳ではないのだが、この4作が記憶に残る。

DVDで観たものでは「ホテル ルワンダ」を挙げておく。
94年アフリカでの民族抗争で、100日で100万人が虐殺されたルワンダ事件を背景にした、これまた実話です。そして、これまたヘビーです。

ホテル・ルワンダ プレミアム・エディション

ホテル・ルワンダ プレミアム・エディション

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日: 2006/08/25
  • メディア: DVD


一昨日、初映画に行ってきた。
「007 カジノ・ロワイヤル」
予想以上のおもしろさでした!お薦めです。なんせ、ダブルオーといえまだ駆け出しのときのストーリーですから。
あと、ボンドガール役のエヴァ・グリーン!美しすぎる!個人的には、「遥かなる大地へ」の二コール・キッドマン以来の衝撃でした!(大袈裟か)いや~、楽しみが増えました!それでは、麗しのエヴァの画像をどうぞ!

20日封切りには期待できそうな作品が揃っていましたね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

Mr. & Mrs. Smith [Movie]

暮れにタワーレコードに行くと「Mr. & Mrs. Smith』プレミアムエディション版が、スペシャルプライスとして、な・なんと1500円(!)で売っていました。ロードショー公開で観てはいましたが、この値段ならばと購入してきました。

ストーリーは、至ってシンプル、ほとんどギャグ・マンガみたいな軽いノリを楽しむ映画ですが、結構これはこれで、気楽に楽しめていいのではないでしょうか?アンジョリーナ・ジョリーもチャーミングだし!
劇中に使われる音楽もなかなか効果的ですよ。

Mr.&Mrs.スミス プレミアム・エディション

Mr.&Mrs.スミス プレミアム・エディション

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日: 2006/04/05
  • メディア: DVD

ブラッド・ピットのお薦め映画は・・・
ロバート・レッドフォード監督 ブラッド・ピット主演

リバー・ランズ・スルー・イット

リバー・ランズ・スルー・イット

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日: 2004/06/25
  • メディア: DVD

こっちは、その2人の共演作。

スパイ・ゲーム

スパイ・ゲーム

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • 発売日: 2002/07/25
  • メディア: DVD

さて、音楽ブログらしく。
今日は、これからゆっくりと、これを観ます!一杯やりながら(正月は堂々と昼間から飲めて幸せ!)

キッズ・アー・オールライト ディレクターズ・カット完全版

キッズ・アー・オールライト ディレクターズ・カット完全版

  • 出版社/メーカー: BMG JAPAN
  • 発売日: 2004/07/21
  • メディア: DVD


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

クリスマス・アルバム&ファビュラス・ベイカーボーイズ [Movie]

ジミのDVDとか観てばかりいると、クリスマスのCDもかけて~とかリクエストされてしまう季節になってきました。
で、ジミのクリスマス・アルバムという訳にも行かず、我が家で、よく流すのは・・・

最近、ブックオフで250円で入手。

The Night Before Christmas: A Musical Fantasy

The Night Before Christmas: A Musical Fantasy




少年マイコー、やっぱり天才!

20th Century Masters - The Christmas Collection

20th Century Masters - The Christmas Collection

  • アーティスト: The Jackson 5
  • 出版社/メーカー: Motown
  • 発売日: 2003/09/23
  • メディア: CD

これは、傑作。クリスマス以外に聴いても楽しめますね。

A Christmas Gift for You from Phil Spector

A Christmas Gift for You from Phil Spector

  • アーティスト: Phil Spector
  • 出版社/メーカー: Universal Music TV
  • 発売日: 1990/12/08
  • メディア: CD


今年、出たブーツィーのクリスマス・アルバムを聴きながら思いました。
プリンスのクリスマス・アルバムも、是非聴いてみたいものです。無理か?いや、次の奥方とかに、頼まれたら判らんぞ~。本気で取り組んだら、傑作クリスマス・アルバムになりそうに思いませんか?


クリスマスといえば、これは映画だけれど、同じく我が家の定番DVD。
ストーリーの中心が、クリスマスから年末年始で、いま観るとピッタリ!今の時代では、メジャー配給では作らせてもらえないであろう味わいのある1本。
シンガー役のミッシェル・ファイファーがメチャメチャ色っぽいです。カウントダウン・パーティでグランドピアノの上で歌うところなんて、たまりませ~ん!
なお、音楽監督は、デイブ・グルーシン。エンドロールに流れる「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」が切ないっす。一人で観ないほうがいいかも・・・

恋のゆくえ ファビュラス・ベイカーボーイズ

恋のゆくえ ファビュラス・ベイカーボーイズ

  • 出版社/メーカー: 東北新社
  • 発売日: 2006/10/27
  • メディア: DVD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。